涙ぐむ歌手はランチを諦めてなかった

たとえば、地球を初めて見るエイリアンに「オジサン」のことを説明するとしたら、どうやって説明する?「野菜ジュース」の目立つ特徴とか、ううん、前提としてこの世界の説明からするかもね。

そよ風の吹く金曜の午前にお菓子作り

なんだか裁縫するための布は高い。
娘が園に2週間後に入園するので、かばんがわりのものが必須だけど、どこかしら布が少しでも値段がした。
ことに、アニメのキャラクターものの仕立てるために必要な布なんて、非常に価格が高かった。
見たら、柄がきれいなキャラクターものの布がたいそう高い。
使うサイズの本入れやボール入れを購入した方が早いし、以外と安いのだけれど、かたいなかなので、皆、家でつくったものだし、近所に売っていない。

雲の無い火曜の夕暮れにビールを
タリーズコーヒーでも、その他カフェでもどこででもコーヒーを飲むことができる。
他にも、飲みたいときにインスタントでも飲めるし、どこかで

私が好きなのがスターバックスだ。
どこもノースモーキングと言うのが、煙草の無理な私にとってポイントが高い。
よって、コーヒーの匂いをより楽しめる。
価格もそれなりだが、立派な豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないと思う。
甘い物が好きなので来るたびにコーヒーとともに、ついついケーキもオーダーしてしまうという落とし穴もある。

寒い木曜の午前は昔を思い出す

アパレル店員さんって私には無理・・・と考えるのは自分だけだろうか。
出勤の度に、完璧にファッションを選ばないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、外で仕事する時はスーツ着ればいいし、化粧だってシンプルでOKとされる。
お出かけの時は、自分でお気に入りの格好をすればいいし、在宅で仕事するときはワンピース一枚で問題ない。
だから、きっと、服を売るなんて商売には、向いていない。
服を買おうとしていると、店員さんがやってきて、流行や合わせ方を語ってくれる。
何度買い物に来てもそれに固まってしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
こういった部分も、店員さんって務まらなさそうと思う大きな理由の一つだ。

雹が降った大安の深夜はお菓子作り
少年は、今日は小学校の給食係だった。
マスクと帽子を着け、白い割烹着を着て、他の給食当番たちと、給食を給食室に取りに向かった。
今日の主食は、お米ではなくパンだった。
バケツのように大きなフタつきの鍋に入ったスープも。
少年は、最も重い牛乳だけは、男の子が運ばなければならない、と思っていた。
クラス全員分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った38本の瓶入り牛乳を持ったけれど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
重たい瓶入り牛乳を女子には運ばせたくはなかったけど、同じクラスで前から気になっているフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年はちょっとドギマギしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を運ぶ事にした。

気分良く歌う家族と濡れたTシャツ

最近、会社や家の中の事に追われていて、そこまで空いた時間がない。
少しばかり時間があっても、だいたい次やるべき仕事の納期など、今後の期限が頭の隅にある。
そんなときに、大きな休みができると、とてもワクワクしてしまう。
よ〜し、この休日を何に費やそうかと。
結局ほとんどが、あれしたい、これも、という願いのみが募り、全部は達成できない。
中でも私はマイペースなので、考えているうちに夜まで経過。
時は金なり、とはまさに的確だと感じる。

のめり込んで自転車をこぐ家族とアスファルトの匂い
知佳子はAさんが大好きなようだ。
Aさんも知佳子を大事にしている。
彼が出張の時は、知佳子も絶対行くし、前回は私も一晩だけ同伴させてもらった。
Aさんも知佳子も私を同じ呼び方で呼びかけるし、何かをするときは、一番に、私に質問してくれる。
なにかしら気にかけてくれているような感じがして凄く心地が良いと思った。

蒸し暑い週末の朝に焼酎を

昔ものすごく肥えていた時に、毎日食べたくなったのがハニートーストだ。
その上、夕食の後に2枚くらい食べた記憶もある。
最悪なことに同時に、マッシュポテトにはまってしまい、肥満体型の道へまっしぐらだった自分。
頑張ったダイエットが、無謀なものばかりだ。
一つは、スープダイエット。
これは2週間程同じレシピのスープだけで生きる食事だ。
仕事先にも水筒に作って持って行ったという徹底さ。
それに断念して、枝豆を夜ごはんに置き換えるという痩身法。
全部、今の自分にはできない。
その後、3年ほどで食事を気にするようになると、するすると元に戻った。
なんでも時間をかけてするのが一番。

目を閉じて走る君と冷めた夕飯
出身地が異なると文化が変わることを二人で生活しだしてからめちゃめちゃ思うようになった。
ミックスジュース飲む?と家内からある時聞かれ、コンビニででも買っていたのかなと思ったら、家で作るのが普通らしい。
バナナやモモやらと作った氷を加えて、市販の牛乳を入れて家庭用のミキサーで混ぜて出来上がり。
家でごくごくと飲んだのは最初だけれど、しかし、ものすごく美味だった。
感動したし、はまって、私も作り飲んでいる。

夢中で歌う姉ちゃんと夕焼け

名の知れた見どころになっている、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪れた。
法隆寺独特だという伽藍配置も十分見せてもらい、立派な五重塔、講堂も見せてもらった。
資料館で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも少しだけ小さかった。
このお寺について知るにはきっと、膨大な時間を欲するのではないかと考えている。

曇っている日曜の午後は昔を思い出す
手を出せば、仕上がるまでに多大な時間がかかるものが、身の回りにたくさんある。
パッと思いつくのが、外国語だろうとみている。
実は、韓国語は例外ともいえるようで、日本の言葉と語順が一緒で、なんと日本語にない音が少ないので、身に付きやすいらしい。
韓国語を勉強した明日香ちゃんは、英語よりは確実に身に付きやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
なんとなくテキスト買ってみようかな・・・と思ったけれど、やっぱりハングルは絵にしか見えない。

Copyright (C) 2015 涙ぐむ歌手はランチを諦めてなかった All Rights Reserved.