涙ぐむ歌手はランチを諦めてなかった

君が想像する「秘めた想い」と、みんなが思っている「焼き魚」は、もしかするとまったく違ってるかも。そんなことを考えてみると、ちょっぴり変な感じだね。

雲の無い月曜の午前にカクテルを

ここまでインターネットが普及するとは、子どもだった私は全く想像できていなかった。
物を売る業界はこれから難しいのではないかと考える。
パソコンを使って、なるべく安価な物を探すことができるから。
争いが活発になったところで最近よく見れるようになったのが集客のためのセミナーや商材販売だ。
最近、成功するための手段が売れるようになっていて、何が何だかよくわからない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

悲しそうに口笛を吹く子供と冷たい肉まん
過去に関わった女性がいる。
ちょっと風変わりな人で、彼女の話はいつも興味深かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
保育士免許、クレーン免許、小型船舶の免許。
観光英語検定1級、フランス語検定2級、元スッチー。
公認会計士も受かったとうわさ。
さすがに公認会計士の件を父に話したら、あなたの聞き間違いじゃないかと思う、など言われたけれど。
彼女は、かなり年上の上司と職場結婚で寿退社していった。

風の無い日曜の朝にゆっくりと

請われて、知人の所有している山のモウソウダケの除去を手伝っていたが、大きく重い竹がすごくぎゅうぎゅうに生えていてつらかった。
竹林の持ち主が土地の管理を両親から引き受けて、竹がたてこんで生えていて、伐採しづらかったらしい。
私は、ちょっと仕事で応用する太い竹が欲しかったので、いただけるとなり、ありがたくて良かったが、急斜面の山から運び出すのもつらかった。

雨が上がった月曜の早朝は読書を
北方さんの水滸伝の血が通っていて凛々しい登場人物が、オリジナルの108星になぞらえて、目立った登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側のキャラクターも人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に人間的な弱さがうかんでくるのもそして、魅了されていたわけだ。
弱いなりに自分の夢とか将来の為に成しうる限り一生懸命なのが読みとおしていて魅了される。
読破していて楽しい。
しかし、魅了される人物がひどいめにあったり、夢がやぶれていく様子も胸にひびくものがあるから熱中する長編小説だ。

じめじめした仏滅の夜明けに料理を

アンパンマンは、幼児に気に入られる番組なのだけれど大変攻撃的のように思う。
ストーリーの最後は、アンパンチといってぼこぼこにして解決するといった内容がたいそう多い。
幼児にもめっちゃ悪い影響だと思える。
ばいきんまんとその他が、たいしてひどいことをしていない内容の時でも暴力で解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとどきんちゃん達を見つけたら、やめろといいながらもうこぶしを突き出している。
わけを聞かずに問答無用だ。
話をするわけでもない。
ただ、暴力で解決するから改善されず、いつも同じ内容だ。
想像するのだけれど原作は攻撃的でないかもしれないけれど、アニメ向きにするために戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

月が見える金曜の夕暮れは座ったままで
自分の子供とのふれあいをとればとるほど、自分の子供はすごく好感をもってくれる。
生まれてすぐは、会社の仕事がたいそう多忙で、顔をあわせることがあまりなかったため、まれに抱きしめても近寄ってくれなかった。
父なんだけどとつらい気持ちだったが、仕事がせわしないからとあきらめずに、しょちゅう、休みの日に散歩に連れ歩くようにした、抱えても、お風呂でも泣かなくなった。
このところ、朝、玄関をでるとき、俺が行くことが悲しくて泣いてくれるのが顔がほころぶ。

陽気に走るあいつとアスファルトの匂い

店内のお客さんは、だいたい買い物目的の日本人という状態だったので、その不思議な光景にもびっくりした。
釜山にて気付いたのが美容関係の建物があふれていること。
日本で言われているのは、韓国の化粧品は肌に良い成分が豊富に含まれているらしい。
もちろん、コスメにも惹かれるけれど店員さんの言語能力にも素晴らしいと思った。
少しだけなのかもしれないが、日本語が上手い。
私は、勉強した英語を使うチャンスだと思い行った韓国だったが、最後まで話すことはなかった。
口にする機会が多いほど、努力すれば外国語をマスターできるということを目にすることができた旅行だった。

どしゃ降りの平日の午後は友人と
私は、家で個人で出来るような仕事して、稀に声があると外に仕事に参加する。
そのひと月に何回が、最高に面倒くさく思えて仕方ない。
いっそ辞めてしまおうかと。
参加すれば頑張るけれど、大勢の人にはさまれて、みんなで仕事をするのは難題だ。
そう友達に話すと、言いたいことは分からなくない、と言って、豪快に笑っていた。

気分良く叫ぶ彼と壊れた自動販売機

出張に出ると、三日くらい帰ってこれないこともある。
その時は、意欲は持っているけれど、とても気を張っているので、ほとんど眠れない。
起きる時間の相当前だと言うのに、目が覚める。
けれど、終了後の解放感は大好き。
思う存分遊んでいいことにしているし、寝れるし、しっかり食事をとる。

喜んで踊る父さんとあられ雲
わたしは、肌が弱く、コスメはもちろん使えないし、ケアも使用できない物が多い。
なので、フルーツや栄養剤のパワーに頼ってしまうのだが、長らく摂っているのがゼラチンだ。
飲み物に溶かして、毎日習慣にしているけれど、ちょっとは素肌がつやつやになった。
なんと、飲むようになってから効果が出るまで、即効性があったので、感動した。

Copyright (C) 2015 涙ぐむ歌手はランチを諦めてなかった All Rights Reserved.